フェイシャルエステの平均金額

フェイシャルエステ近年整体や整骨院だけでなく、アロママッサージやエステといった癒し、痩身、凝りの解消を目的としたマッサージ分野が広がっています。

やり方や目的はお店により様々ですし金額も様々です。

中でもフェイシャルエステに着目してご紹介したいと思います。

 

まず、フェイシャルエステとは気になるお顔周りのリフトアップ、美白効果などを期待して行うマッサージのことです。

平均金額といいますとかなりの調査が必要になりますが最近では店頭に大きく金額を出しているお店も少なくありませんからご近所のサロンを見ながら車を走らせると案外平均金額が見出せそうなものです。

フェイシャルエステはマッサージの部分が少ないので時間も短いかと思いきや、本格的に1回で効果を得るためにはきっちりと時間をかけて良い化粧品を使ってマッサージしてもらうことが必要になります。

ですから、こういった即効性を求め、長い時間やれば金額も上がります。具体的には90分1万円程度です。

また、時間を短くすれば金額も下がります。

30分3千円など気軽に行えるコースもあります。

トータルして平均金額を出すとすればフェイシャルエステだと5千円から7千円が妥当になるでしょう。お店によっては格安でやっているところもあります。

また、アフターケアにかかる金額は別途です。

高い金額に思える方、行ってみるとその価値がわかるはずです。

フェイシャルエステの返金について

エステティックサロンにて、「フェイシャルエステ」をご利用途中で肌トラブルなどが起きた場合、返金可能とする条件については以下の通りとなっております。

 

(1)契約直後について、契約後から時間が経っていない場合には、クーリングオフという制度によって返金が可能となります。

条件としましては、契約金として支払った費用が5万円より高く、1ヶ月より長い契約期間であったこと、次に、契約が完了した当日から8日間以内に行うことで、契約自体を白紙に戻すことができます。

 

(2)施術期間の途中でやめたい時には中途解約権という法律で定められたものが適用されます。

この規定により、フェイシャルエステにおいてどのような施術プランを行った場合でも、まだ受けていない分の料金(施術を行った分のみ支払い義務が発生します)は戻さなければなりません。

 

(3)上記以外にも、エステティックサロンによってはフェイシャルエステの「返金キャンペーン」というイベントを行っているところが存在します。

全額に適用されるのか、または一部のみかは各サロンによって異なりますので、契約を申し込む前に、適用される場合の条件や金額などをくわしく調べておくことが必要です。

顔のむくみがすっかり解消しました。

顔のむくみ解消フェイシャルエステというのは色々なメリットがあります。

たとえば保湿効果が高いということがありますので、年齢を重ねた肌の方には、より効果を実感していただくことができます。

コラーゲンの生成が減ってしまいますので、保水力ががくっと落ちてしまうのです。

しかし、年齢を重ねた肌であっても、ベースとしてコラーゲンであったり、プラセンタ、またヒアルロン酸などを取り入れてあげることで保湿力というのもアップします。

 

また、それだけではなく老廃物がたまりやすくなっていて、リンパの流れが悪くなっている場合がありますが、この場合ですとフェイシャルエステのマッサージを受けますと、かなりむくみが改善されるということがあります。

むくみがありますと、顔が大きく見えてしまいますので、フェイシャルエステを行うだけで小顔効果があるということもあります。

お肌の悩みはひとそれぞれです。

しわ、たるみ、しみ、ニキビ、色々ありますがそれぞれの悩みに対応したコースが準備されていますので、お好みのコースを、またどれかわからないという方は、エステティシャンと相談しながら決めていくと良いでしょう。

口コミなども参考にして、どこのサロンにするか選ぶと良いでしょう。

フェイシャルエステの方法と施術内容

フェイシャルエステの方法というのは、エステサロン事の企業秘密となっています。

最初から最後まで熟練のエステティシャンのハンドマッサージによって効果的な小顔の引き締めを行うエステティックサロンがあれば、他方で最新の美容器具を導入してすべての工程を美容器具によってフェイシャルエステを行うところまでその施術内容は様々です。

フェイシャルエステはボディエステと並んで人気が高いサービスなので、そのサービス内容も実に充実しているといえるでしょう。

 

スタンダードコースの内容と施術の方法について紹介します。

まず、ディープクレンジングにて汚れを落とした後に、さらに毛穴の奥の汚れを落とす施術を施します。

ご家庭でのケアでは手の届かないところであることから、見た目にもお肌が明るくなるのを実感していただくことができます。

お肌を温めることによってデトックス効果を高め、血液循環を良くします。この時にはハンドマッサージを行うエステサロンもあります。

その場合は、熟練のエステティシャンの存在が不可欠です。

デトックス効果によって汚れをしっかりと落とした後には、美容液を乾いたお肌にタップリと注ぐことによって保湿力を高める効果があります。

毎日通ってケアしても大丈夫?

肌の状態が不安定だったり、老化が進んでいる状態ですと、高頻度にフェイシャルエステに通いたくなってしまうでしょう。
ただし、毎日特別なケアを受けることで、逆に肌にトラブルが出やすくなってしまうのです。
エステでは、肌に液剤を浸透させる機器を使用したり、エステティシャンの特別なマッサージを受けることができます。
これらのケアを受けることで、お肌の状態も格段に上がってくるのですが、毎日行うことにより、肌にもダメージが蓄積されやすくなってしまうのです。
肌の状態を考えた時には、フェイシャルエステに過度に通うことは控えたほうがよいでしょう。
本気でお肌の状態を改善させたいときには、フェイシャルエステに頼りきりになるのではなく、毎日のお手入れ方法や生活についても気を付けるようにしましょう。
肌のケアを行うとき、適当に済ませてしまうと毛穴に汚れが蓄積してしまい、毛穴の開きや黒ずみを呼び込んでしまいます。
また、日ごろからバランスの悪い食生活を続けていたり、運動不足が続いていると、体だけではなく肌の代謝機能が衰えてしまい、フェイシャルエステの効果を実感できません。
お肌のことを考えた時には、トータルケアにも努めるようにしましょう。

アスタキサンチンとナノリコピン

新しいアスタキサンチンに加わった成分として「アスタキサンチン」と「ナノリコピン」があります。

【アスタキサンチン】
アスタキサンチンは抗酸化力が強いとされています。
紫外線による活性酵素の消去に効果を発揮すると言われており、その抗酸化力はビタミンEの約1,000倍、βカロチンの約100倍というエビデンスもあるほどです。
活性酵素の消去脳力はリコピンに次ぐ強さです。

【ナノリコピン】
ナノリコピンは富士フィルムが、「リコピン」を世界最小クラスの70ナノメートルまで安定的にナノ化することに成功した成分です。
リコピンはトマトなどに含まれ、高い抗酸化能力を持つ健康成分として知られています。
ナノ化することにより浸透を高めることに成功し、化粧品・スキンケア商品・サプリメントなどに応用できるようになりました。
富士フィルムではナノリコピンを活用して、紫外線などの酸化ダメージによる老化を防ぐエイジングケア化粧品を開発しています。

抗酸化能力が高い成分を配合することで、紫外線対策への効果も期待できるスキンケア商品が誕生したのでした。

リコピンを併用することでアスタキサンチンの抗酸化能持続性の向上を実現したという実験結果も発表されています。

アスタリフトは富士フィルムの最先端技術が実現したスキンケア商品なのです。

自分でスキンケアが大変な人は、フェイシャルエステに行ってみてもいいかもしれません。

ちなみにフェイシャルエステのことを調べたいならば(フェイシャルエステ選び方.net)へ!